今でもあの日のことは鮮明に覚えてます。

ちゃぶだいの13周年記念イベントの初日でした。

突然襲ってきた大地震に店の中はごちゃごちゃに。

明かりも、水も、ガソリンも無く何度もくる余震におびえ

さらに追い討ちをかけるように東京電力の原発事故が。

チビ達を守るため少しのガソリンしか入っていない車で

雪の中暖房を消しながら夢中で新潟に逃げた。

その後私たちの福島市は60キロ離れているのに

とても高い放射線量に悩まされ

チビ達のことを考え家族バラバラとなった。

三年経った今も震災前の気持ちには戻れず、それはこれからも

きっと変わらないと思う。