25a1209e.jpg


昨日無事母が、退院することが出来ました。

私も定休日だったのでお手伝いに病院まで。

結構重たい機械(これから母の腎臓の役目たのむよ!)

病室を出るとき、入院している方達との涙のお別れ・・・


家につくとまめな父が母のためにいろいろ工夫をし

透析しやすい環境をつくってくれていました。

父がずっと風邪をひいて治らないのも母のために何回も病院を

往復したり掃除、洗濯、ご飯つくりまで。

昨日の晩御飯は、親戚のおじさん夫婦がつくって持ってきてくれ

父が「今日は片付けがなくて良かった」と笑って言った本音の一言。

お父さん、本当にご苦労様。

帰るころ、母がシャワーからあがり初めて母のお腹の傷、

管を見ました。目の前では何も言ってあげられなかったけど

よくがんばったねと褒めてあげたかったです。

ごめんね・・・


母もたくさんの病院に入院して、その都度僕も

いろんな病気と闘い、それでも前向きに生きていらっしゃる

方達と会ってきました。

みんな人の痛み、苦しみをわかっている分、あったかく

やさしい方達ばかりでした。

私がお店をがんばってやってこれたのも

母、そしていろんな方達との出会いがあったからこそ。

まだまだがんばれるはずといつもこころで思って仕事

してきたつもり。

でもみなさん本当にすごい方達ばかりです。

負けてはいられない。



画像は母が毎日使う、腹膜透析の機会

父のセッティングです。さすが