去年の6月22日に遠い空へと旅立った母
優しい声も、あたたかい温もりもまだはっきりと覚えています

最後に一緒に笑った5月の連休
最後に食べさせてあげた小さなパイナップル
最後に言ってくれた、みんなが優しくしてくれてお母さん幸せだったの言葉

どれもすべて自分の中ではっきりと
そしてまだ実感も無く
休みの日は、母からいつものように御茶のみに来ないですかと
電話がかかってくるような・・・そう願う自分が今もいます

昨日の休みは母の一年祭でした
一年祭